アプリケーションエンジニアの仕事内容

アプリケーションエンジニアの仕事内容

アプリケーションエンジニアは
顧客が求めているシステムの開発を行うエンジニアのことを言います。

 

アプリケーションエンジニアは
システムの知識だけ知っていても仕事になりません。

 

顧客の業務を理解しなければなりません。
また、システムに詳しくない顧客へシステムの話をしなければなりません。

 

そのため、アプリケーションエンジニアは
ユーザーへの説明能力が求められます。

 

アプリケーションは、金融業、流通業、医療などによって特徴があるので、
単にアプリケーションエンジニアと言っても仕事内容が変わっていきます。

 

顧客の業界が変われば、
アプリケーションの作り方ががらっと変わります。

 

また、アプリケーションエンジニアの具体的な仕事内容は
フェーズによって異なります。

 

ここでは、アプリケーションの仕事内容を
フェーズごとに解説します。

 

要件定義

アプリケーションエンジニアの仕事内容として、要件定義
があります。

 

インフラエンジニアなどは要件定義は実施しないので、
要件定義はアプリケーションエンジニア特有の
仕事内容でしょう。

 

顧客の業務を理解し、顧客の業務フローをシステムに
落とし込むために必要な機能・要件を定義していきます。

 

そのため、上流工程を担当するアプリケーションエンジニアは
市場価値がとても高くなります。

 

要件定義は、ヒアリングする力が求められますが
ヒアリング力があるアプリケーションエンジニアは少ないので、
アプリケーションエンジニアにとって、要件定義は
とても辛い仕事内容になります。

 

 

設計

アプリケーションエンジニアは設計フェーズでは、
要件定義に決まったことを具体的にどのように作るか
決めていきます。

 

画面のレイアウトはどのようにするのか、
帳票のレイアウトはどのようにするのか、
他システムとのデータのやりとりはどのようにするのか

 

など、具体的に決めていくのが、設計の仕事です。

 

設計ができるアプリケーションエンジニア
は一人前と言われます。

 

スポンサードリンク

 

実装

具体的にプログラミングをしていきます。
JavaやC++などのプログラミング言語を利用して、
システムを開発していきます。

 

このスキルがないと、プロジェクトが炎上することが
あるので、とても大変です。

 

アプリケーションエンジニアは、フェーズによっても
全く仕事内容が異なってくるので、
辛い仕事と言えます。

 

ただし、できるようになると市場価値は高くなるので
アプリケーションの仕事内容はとてもやりがいがあります。

 

スポンサードリンク