SEの仕事概要

SEの仕事概要

SEという職業の名前を知っていても、
SEが行っている仕事概要について知らない人が
多いのではないでしょうか?

 

また、SEという仕事の種類はたくさんあるのですが、
一部の仕事しか知らない人が多いのではないでしょうか。

 

SEの仕事を完全に理解している人は少数です。

 

 

就職活動をする中で、SEの仕事概要を
理解していないのに、
SEを目指す人がやたら多くいます。

 

ITだからカッコイイとか、
良くわかんないけど技術が付けられそう
という理由で就職活動する人がいっぱいいます。

 

SEを目指すのであれば、SEの仕事概要については、
理解しておきたいものです。

 

SEの仕事概要を理解したうえで、
SEを目指すべきかどうか判断していただきたいです。

 

本ページでは、SEの仕事概要について
ざっくりと説明します。

 

SEについて何も知らない人が、
このペ仕事ージを読むことで、
SEの仕事概要がイメージできればと思います。

 

早速ですが、SEの仕事概要について説明します。

 

SEとは、顧客の要望に応じたシステムを
設計し、作成、運用するお仕事です。

 

要するに、注文住宅屋さんです。
住宅がシステムになっただけす。

 

SEの仕事といっても、色々な種類があります。
システムを作成する工程で種類分けすると、
SEの仕事は次の3種類に分かれます。

 

  1. システムの提案・設計
  2. システムの製造・テスト
  3. システムの保守・運用

 

各種類ごとに詳しく仕事概要を説明します。

 

スポンサードリンク

 

システムの提案・設計

システムの提案・設計の仕事概要について
説明します。

 

この仕事は、どんなシステムを作成するかを提案したり、
設計したりする仕事です。

 

顧客の課題をもとにシステムを提案します。

 

注文住宅を例に説明しましょう。

 

お客さんの課題に「車いすでも不自由なく暮らしたいという」
ことがあったとしましょう。

 

そうすると、段差のないようにする。
通路を広くするなど、色々な設計が提案できますね。

 

システム設計でも同じように、お客さんの要望
をどのように実現するかを決めます。

 

システムの製造・テスト

製造・テストの仕事概要について説明します。

 

設計したものを、実際に作成していきます。

 

注文住宅でいうと、大工さんやペンキ屋の
お仕事と一緒です。

 

ものづくりをしていきます。

 

また、作成されたものが、設計通りに作成
されているかどうかの確認をしていきます。

 

設計では、段差がない作りなのに、
実際には段差がないことを確認していきます。

 

システムの保守・運用

システムの保守・運用の
仕事概要について説明します。

 

納品後のメンテナンスを行っていきます。

 

マンションで言うところの管理人みたいなものです

 

日々生活していると、色々故障していきますよね。

 

ペンキもはげてきますよね。

 

そんなときに、修理等のメンテナンスをするのが
保守・運用の仕事です。

 

スポンサードリンク