SEとプログラマーの違い

SEとプログラマーの違い

SEの仕事はプログラミングを行うことだと思っており、
SEとプログラマーの仕事の違いがわからない人
もいるかと思います。

 

プログラマーとSEの仕事内容は違います。
多少違うではなく、全く違います。

 

しかし、多くの学生はSEとプログラマーの違いが
わからない人が多いのではないでしょうか。

 

 

実際のところ、SEとプログラマーの仕事内容は全く違います。
SEとプログラマーの仕事内容はどのように違うのでしょうか?

 

そこで、SEとプログラマーの違いについて説明します。

 

プログラマーとは?

プログラマーとは文字通り、Javaなどの開発言語を用いて、
アプリケーションの実装を行うエンジニアのことを言います。

 

設計書をもとに、実際にアプリケーションを
作成していきます。

 

プログラマーは大工さんみたいなのです。

 

スポンサードリンク

 

SEとは?

SEはシステムの提案・設計をする
エンジニアのことを言います。

 

SEはアプリケーションの実装を行うことはほぼありません。

 

システムが作る際、下記のような工程で行われます。

 

要件定義⇒基本設計⇒詳細設計⇒実装

 

このとき、全行程を担当するのがSE、
実装のみを担当するのがプログラマーとなります。

 

はっきり言って、SEとプログラマーの仕事内容は全然違います。

 

人によっては、SEとプログラマーの違いはなく、
プログラミングはSEの仕事の1つと考える人もいます。

 

しかし、SEとプログラマーは違うものだと考えていた方がいいです。

 

ではなぜ、SEとプログラマーが違うと考えた方がいいのかと言うと、
要件定義から詳細設計の工程は顧客と
打ち合わせをしていることが多いのに対し、
プログラマーは作業を行うことが多いからです。

 

世間一般の人が描いているSEは
プログラマーのことではないでしょうか。

 

SEはどんなシステムを作るかを決める人たちであり、
プログラマーは実際にシステムを作る人たちです。

 

さきほどもいいましたが、
SEとプログラマーの仕事は全く違います。

 

そのため、SEの会社に入社した場合、
最初の1~2年は勉強の一環としてプログラミングを行うことはありますが、
それ以降、プログラミングを行うことはまずないと思います。

 

価格と機能のバランスをとれたシステムを設計する必要があります。
プログラマーに求められるスキルは、プログラミングスキルです。
設計書通りに動くシステムを開発する必要があります。

 

スポンサードリンク