SEに向いている人の性格

SEに向いている人の性格

SEを目指すにあたり、自分の性格はSEに向いているかどうか
気にしている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

SEに向いていないのに、SEを目指してもしょうがないですからね。

 

また、SEになったものの、自分はSEに向いていると
思えなくなってきている人もいるかと思います。

 

はっきり言ってSEは特徴的・専門的な仕事であるため、
SEに向いている性格とそうでない性格に分かれます。

 

SEは向いている人には楽しい仕事ですが、
そうでないひとには楽しくない仕事だと思います。

 

そこで、このページでは、
僕が考えるSEに向いている人の性格について記載します。

 

自分がSEに向いているのか、そうでないのか確認してください。

 

ちなみに僕は、SEに向いていると思ってます(笑)

 

 

僕がSEに向いているなと思う人

僕は、以下のような人に対して
「SEに向いているな」と考えます。

 

ITに興味がある人

>ITに興味がある人はSEに向いている。
これは言うまでもないと思います。

 

「好きこそものの上手なれ」という言葉があります通り、
ITに興味をもち、またITが好きな人はSEに向いていると思います。

 

実際、システムの動く仕組みを知りたいと強く思っている
新人は、システム構築の技術を高めるスピードは早いです。

 

本人も、仕事の時間以外にも勉強するので、
どんどん技術を身につけていきます。

 

特に最新のITに係わる仕事に従事することができれば、
仕事への意欲はとても高くなるのではないでしょうか。

 

コミュニケーション能力がある人

SEは打ち合わせが多い職業です。特に要件定義なんてやっていると、
朝から晩までクライアントと会話をしています。

 

ただ会話するのではなく、顧客の意向を理解し、
顧客に分かりやすく説明する必要があるので、
コミュニケーション能力が求められます。

 

顧客と打ち合わせを何度も打ち合わせをしていると、
必ず顧客から怒られることを経験します。

 

怒られたときに、次はもっとわかりやすく説明できる
ようにしようと頑張れる人は向いています。

 

と言うより、このような人でないと
SEになってはだめです。

 

コミュニケーション能力がある人、
またはコミュニケーション能力をつけたい人には
SEに向いているのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

体力がある人

SEは他の業界に比べ、労働時間が長くなります。

 

フェーズの終わりなどプロジェクトの繁忙期には徹夜することもしばしばあります。

 

したがって、忙しい時期をのりきれる体力のある人はSEに向いています。

 

 

スポンサードリンク