プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの仕事内容を
ざっくりと説明すると、

 

ITコンサルタントが計画したシステム化計画に沿って
プロジェクトを遂行する責任者のことを言います。

 

各プロジェクトに一人います。
プロジェクトマネージャーは、実務を行うことはありません。

 

プロジェクトマネージャーの仕事内容は
プロジェクトが炎上することなく完了させることです。

 

そのためには、進捗、予算、品質、要因等を
適切に管理しなければなりません。

 

本ページでは、プロジェクトマネージャーの仕事内容として、
管理すべきことについて見ていきましょう。

 

プロジェクトマネージャの管理すべきことはたくさんあります。

 

 

プロジェクトマネージャーが管理すべきこと

プロジェクトが円滑に進めるためには、
プロジェクトマネージャーは以下の仕事内容を
管理しなければなりません。

 

これらの管理ができないと、プロジェクトは失敗します。
また、これらの管理をするのは難しいです。

 

変更

プロジェクマネージャの仕事内容である
変更管理について説明します。

 

プロジェクトを立ち上げた時には、
必ずプロジェクト計画というものを立てます。

 

プロジェクト計画には、プロジェクトのスコープ、
スケジュール、予算、などを定義します。

 

しかし、実際プロジェクトの遂行は、
すべて計画通りに行くことはありません。

 

また、客と合意した仕様にたいして、
変更要求が発生する場合もあります。

 

このようなときに、プロジェクトマネージャーが
顧客と調整し、しっかりと変更管理をするのです。

 

変更管理はプロジェクトマネージャーの代表する
仕事内容の1つです。

 

プロジェクトの変更は、進捗、予算等にも
影響するので、確実に実施しましょう!

 

スポンサードリンク

 

進捗

プロジェクマネージャの仕事内容である
進捗管理について説明します。

 

プロジェクトの進捗は、問題の発生や、要因の技術不足、認識層による
手戻りなどで、遅延することがよくあります。

 

まず、プロジェクトマネージャーは遅延が発生しないように管理します。

 

遅延発生時は、必ず遅延となる前に、遅延の兆候が現れますので、
遅延の兆候をキャッチし、遅延となる前に対応を行います。

 

また、遅延発生時には、遅延発生作業を優先しておこなうなど、
全体の管理を行う必要があります。

 

進捗管理の仕事内容はイメージできる人も
多いと思います。

 

予算

プロジェクマネージャの仕事内容である
予算管理について説明します。

 

決められた予算を守ることもプロジェクトマネージャーの仕事です。

 

プロジェクトメンバーはいいものを作ろうとして、見積もり時より
工数をかけてものを作ろうとすることがよくあります。

 

こうならないようにプロジェクトマネージャーは、プロジェクトメンバー
の作業時間を把握し、残業時間が予算を超えないようにします。

 

予算をしっかり守るが、
プロジェクトマネージャーの最大の仕事内容です。

 

スポンサードリンク