金融系SEが担当するシステムの特徴

金融系SEが担当するシステムの特徴

金融系SEとは、金融業を営んでいる顧客のシステム構築・開発するSEのことを指します。
金融系SEの顧客として、銀行、保険会社、証券会社が該当します。

 

 

金融業の事業特性として特徴的な点は、ほとんどの商品・サービスが
コンピュータによって提供されており、コンピュータ装置産業と呼ばれる
ほどITへの依存が高い点が挙げられます。

 

 

そのため、金融系SEの仕事内容は顧客やシステムの種類によって異なります

 

 

本ページでは、金融系SE担当する銀行の情報システム、保険会社の情報システム、
証券会社の情報システムについて見ていきましょう

 

 

 

銀行の情報システム

銀行の情報システムは、勘定処理を行う勘定系システムと、
勘定処理以外の業務を支援する情報系システム、
事務系などその他のシステムに分類されます。

 

 

それでは、銀行の金融系SEが担当するシステムについて見ていきましょう

 

勘定系システム

勘定系システムとは、顧客元帳データベースを保有し、預金・貸出・為替などの入出金処理
や利息計算処理を担っている情報システムのことです。

 

 

簡単にいうと、僕たちの預金データの更新を行うシステムのことを勘定系システムと呼びます。
止まったら、新聞の1面を飾ってしまうとても重要なシステムであるため、担当する金融系SE
にとっては、大きなやりがいが感じられます。

 

 

勘定系システムには、そのほかにも窓口での外国為替業務や後方での事務処理業務、
海外拠点の事務処理などを支援する国際系システムや、外部の金融ネットワークとの
接続やエレクトロニックバンキング・インターネットバンキング機能を提供する対外系システム、
資金・証券業務処理を支援する資金証券系システムなどがあります。

 

 

勘定の種類やシステムの目的によって別途構築されたサブシステム群で構成されます。

 

銀行の情報系システム

情報系システムとは、銀行の勘定系システムで発生した取引データをもとにして、
営業活動や収益管理などの業務支援機能を提供する情報システムのことです。

 

 

具体的には、データウェアハウス(以下DWH)、CRM、SFA、収益管理、融資支援、
リスク管理、格付け・自己査定、ローン自動審査、不動産担保計価などの
システム群で構成されます。

 

 

銀行の事務系などその他のシステム

営業店窓□での事務処理を端末を用いて支援する営業店システムおよび、営業店での
窓口業務や後方事務を集中化して処理を行う事務集中システムなどがあります。

 

 

こうした銀行システムを活用する営業のチャネルとしては,営業店システムを用いて対面営業を
行っている営業店のほかに、ATMや、電話で照会や取引を受け付けるコールセンタ、
インターネット・モバイルバンキングなどのネットチャネルがあり、それぞれのヂャネルでシステム化か
図られています。

 

スポンサードリンク

 

 

保険会社の情報システム

保険会社は生命保険会社と損保保険会社に分類されますが、
システム的には両社ともほぼ同様の機能を有しています。

 

 

それでは、保険会社の金融系SEが担当するシステムについて見ていきましょう

 

 

保険会社の業務系システム

保険会社の業務系システムとは、保険料の収納や支払い、顧客管理、
契約管理などをサポートする情報システムのことを指します。

 

 

保険会社の情報系システム

保険会社の情報系システムとは、経営支援や営業などの業務支援を目的とした、
社内外からの各種情輯の収集・分析・資料作成をサポートする情報システムのことです。

 

 

保険会社の販売チャネルの動向

生命保険会社や損害保険会社の販売チャネルは、これまでは営業職員や
代理店が主体でした。

 

 

しかし、最近ではインターネット上にホームページを開設し、自社商品やサービスに関する
情報提供,保険料試算や申込書請求などを行っています。

 

 

また、一部の損害保険会社では、自動車保険や傷害保険を対象に申込みから
保険料支払いまでネット上で完結できる機能を広く顧客に提供し、インターネットを
販売チャネルの主軸とするところも出現しています。

 

 

大半の保険会社はコールセンタを設置し、|丁を駆使した専用システムによって、
随時顧客からの相談に応じる体制を整備しています。

 

 

最近のコールセンタは、単なる電話による顧客サービスの提供のみならず、
インターネットや電子メールなどの新しいアクセス手段にも対応し、CRMと連動して顧客との
コンタクトを一手に担う組織、いわゆるコンタクトセンタに変貌しており、新たなITイヒ二-ズも増加傾向にあります。

 

証券会社の情報システム

証券会社の情報システムは,大きく業務系システムと情報系システム,
その他のシステムに大別されます。

 

 

それでは、証券会社の金融系SEが担当するシステムについて見ていきましょう

 

 

証券会社の業務系システム

証券会社の業務系システムとは、以下のシステムで構成されます。

 

 

証券会社の業務系システム群

営業店やインターネットで受け付けた顧客からの売買注文を各取引所に発注し、
約定結果を各チャネルシステムに還元する注文・約定システム

 

 

営業店チャネルにおいて顧客との売買約定に基づく情報登録・照会から受渡金額計算や
各種帳票作成などの事務処理機能を提供する営業店事務処理システム

 

 

顧客の預り資産・損益・取引履歴などの情報を統合管理する顧客管理システム

 

 

2007年9月に施行された金融商品取引法に基づいて営業活動をチェックし、
効率的営業を支援するコンプライアンスシステム

 

証券会社の情報系システム

証券会社の情報系システムとして、以下のようなシステムがあります。

 

 

株式や公社債などの投資に関する計算・分析・ランキングを行う投資情報システム

 

 

各種有価証券に関する情報を提供する銘柄情報システム

 

 

国内外の経済・金融などの情報を提供する経済・金融情報システム

 

 

個人向け営業を支援する営業支援システム

 

証券会社のその他のシステム

証券会社のその他のシステムとして、海外現地法人との株式・公社債などの注文・約定処理を行う
国際系ステムや、各証券取引所や他の金融機関との接続やインターネットなによるホームトレード機能を
提供する対外接続系システムがあります。

 

スポンサードリンク