医療系SEが担当するシステムの特徴

医療系SEが担当するシステムの特徴

医療情報システムは、医療に関連した分野において導入されているIT
利用システムです。

 

 

医療分野におけるITの利用には、一般的な企業のIT導入と同じレベルのものもあれば、
業界に特有なものもあります。

 

 

医療の世界は命を扱うこともあり、安全性こ関しては要求が厳しいです。
個人晴報の取扱いにおいても、高いレベルの管理が要求される場合が多いです。

 

 

情報システムの規模も、個人経営の医院から行政のかかわる広域のものまで、
多岐にわたっています。

 

 

医療分野は、国の1丁戦略においても重点分野の一つとされていることから、
関連する業界団体を中心としてIT利用システム化への取組みがさまざまな形で
進められています。

 

 

医療行政にかかわる情報システム、災害医療・救急医療の情報システム、
医療サービスにかかわる情報システム、レセプトや電子カルテといった患者の
情報に関する情報システム、医療機器に関する情報システムなどさまざまな
情報システムがありますが、要求される安全|生や規模、規制などの条件は
それぞれ異なります。

 

医療情報システムにかかわるにあたっては、その情報システムに関連する業界特有の情報を
しっかりと把握しておく必要があります。

 

 

また、業界の主な団体の動向を認識しておくことも大切です。厚生労働省の関連では
医療情報システム開発センターなどがあり、医療現場関係者に関しては、日本医師会、
日本医療情報学会などかあります。

 

スポンサードリンク

 

産業界としては、保健医療福祉晴報システムエ業会などかあります。それぞれの団体が、
医療開連のIT利用システムの導入にあたっての指針や規定・規格・標準化などの検討を進めています。

 

 

安全に関しては、医療分野では特に注意が必要とされることもあり、安全管理、品質管理に関する基準として、
GQP、GVP、GMP、QMS適合などが存在しています。

 

 

もちろん、薬事法をはじめとした関連法規に違反することは許されません。医療情報システムは、
それを利用する環境、取り扱う情報などによって、安全性や品質に対しての要求が異なる。求められる
安全性や品質を満たしていることは、システム監査上においても重要なポイントとなります。   

 

 

構築する医療情報システムの品質条件を定めるにあたって、利用環境や利用者など、
利用状況の網羅性を可能な限り高めておいたほうがよいです。

 

 

また、異常時にどのようなことが発生し得るのか、その場合にはどのように対処するのがよいのかといった、
リスク対策に関しても、しっかりとした検討が必要とされます。

 

 

特に医療行為と直接かかわるような遠隔治療システム、検体管理システム、院内情報システム、
医療機器の制御システムなどは、誤動作が医療事故につながる可能性があるだけに しっかりとした
運用管理も求められます。

 

医療情報に関しては、電子情報の保管管理の難しさという特徴かあります。
フィルムや紙と異なり、電子情報は誤って大量なデータが消えてしまうUスクを持っています。

 

 

電子カルテや生涯健康医療電子記録(EHR)などは、患者の生涯にわたって保管すべき情報であり、
必要な場合にはさらに長期の保管を要する場合もあります。

 

 

旅行者の国境を越えた医療情報のやりとりや、医療機関同士でのやりとりについても、
データ形式の標準化を含めた検討が進められています。

 

 

国内においては、複数の医療機関が、電子カルテを共有するといった医療情報システムも運用されるようになってきています。
標準化の適用については,医療業界の主な団体が中心となって推進しています。

 

 

特定健康診査および特定保健指導が義務化されたことにより、健康指導や日頃の健康管理に関する
支援を行うための医療情報システムも出てきています。

 

 

インターネットを利用して、対象者が、自分のカルテ晴報を参照したり、ライフレコーダと呼ばれる携帯タイプや家庭に置けるタイプの診断機器で取得した血圧や体温、心拍数、体重などの医療情報を登録して、それを医師がチェックするといったこともできるようになってきています。

 

 

インターネットやテレビ電話を利用して、自宅にいながら医師の問診を受けられるようになり、身近な医療サービスを提供する医療情報システムも出てきました。

 

 

医療分野の情報システムは、関連法規に違反しないことが必須であり、情報システムの内容によって、どの法規の基準が関連してくるのかが異なる。システム監査においても関連法規とのかかわりを考慮する必要があります。

 

スポンサードリンク