SEも提案営業は行います

SEも提案営業は行います

「提案営業はSEの仕事ではない。」
「SEの仕事と提案営業は全く別のものである。」

 

SEを目指している人たちには、
このように考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ほとんどの会社が、
SE採用と営業採用を分けているんだから
SEと提案営業は違うでしょと思っている人が多いですよね。

 

しかしながら、実際には提案営業の仕事とSEの仕事は
とても良く似ているところがあります。

 

SEの仕事の中に提案営業の仕事があると思って
いただければと思います。

 

提案・営業をメインで行うSEもたくさんいます。

 

SEとは、名前だけみると「システムを作る技術者」を
指しているのですが、

 

実際のところ、SEは「システムを作る技術者」
以外の仕事がたくさんあります。

 

システムを作成するプロジェクトは、
顧客の課題を理解する所から始まり、
課題を解決するシステムをリリースすることで終わります。

 

顧客の課題を理解し、どのようなシステムを作成・提案するか
決めたら、それを顧客へ説明する必要がありますよね?

 

ある程度大きなプロジェクトだと、
システムの提案するとき、提案先は
クライアントのシステム担当や経営者トップの
人と話をしにいきます。

 

提案の段階では、現場の社員と話しをすることは
まずありません。

 

提案の段階では、まだ契約を結んでいない状態であり、
ライバルの他社も同じように提案をしています。

 

提案の時点で、どのようなシステムを作るかを決めていない
営業がシステムの説明をしても、うまく伝わりませんよね?

 

提案の時点では、顧客の質問にその場で答えて顧客に良い印象を
持ってもらう必要があります。

 

そうでないと、案件を受注することはできません。

 

だから、SEが営業と一緒に顧客先に
システムの提案営業をしにいくのです。

 

このとき、システムに関する説明はほとんどSEが実施します。

 

スポンサードリンク

 

システムを作るプログラマーは顧客に
提案営業しに行くことはまずありません。

 

プログラマーは、アプリケーションの実装、
いわゆるコーディングをすることだけが仕事です。

 

しかし、SEであり、かつ上流工程を担当するであれば、
提案営業の仕事は必ず行います。

 

というか、上流工程のSEであれば、
提案営業を行う時間がとても多いです。

 

上流工程のSEは、システムの技術だけでなく、
提案する技術が求められます。

 

そもそも、上流のSEはどのようなシステムを作るかを決め、
顧客へ説明するのが仕事ですので、営業と同じく
提案能力が求められます。

 

プロジェクトを受注する段階でのSEの仕事は、
資料を作成して、打ち合わせをして、決まりごとを持ち帰り、
また、資料を作り、打ち合わせを行います。

 

顧客先常駐型のSEであれば、
営業より営業の仕事をしているのではないでしょうか。

 

プロジェクトのフェーズにもよりますが、
SEであれば提案の仕事は必ず実施します。

 

人に説明する力を身につけておくようにしましょう!

 

スポンサードリンク