物流系SEが担当するシステムの特徴

物流系SEが担当するシステムの特徴

流通は、商的流通(商取引、契約などの機能)と物的流通(物の移動を司る機能)とに分かれます。
物的流通は、一般に物流と略すことが多く、ロジスティクスともいわれます。

 

物流の機能は、保管、荷役、輸送、包装、流通加工および情報流通の六つに大別されます。
物流活動に必ず付随して発生する情報を処理する機能は、物流情報システムとしてIT活用の
重要な働きをしています。

 

 

物流システムとは?

物流活動では伝票などによって必ずその活動記録を残す必要があります。
このような情報処理については、現在ほとんどが電子化され、ネットワーク
を通じたEDI(電子データ交換)の形態に進んでいます。

 

受発注から出荷ブまでの物流に関する業務の情報システム化によって、
業務の効率化とスピード化か進んでいます。

 

物流システムは,その階層レベルによって物流戦略システム、物流計画システム、
物流作業管理システムに分かれます。

 

スポンサードリンク

 

物流戦略システム

物流チャネルの選択や物流倉庫の建設、物流サービス水準の決定など、
経営的な視点に立って戦略を策定します。

 

さまざまな市場データ、統計データを用いて将来を予測し、売り上げや
利益シミュレーションを行い、戦略の結果を評価するシステムです。

 

物流計画システム

販売計画、調達計画、需給計画、在庫計画などの物流の業務プロセスに
おける計画を立案します。

 

計画立案に使われる技法として需要予測、在庫管理理論、生産計画最適化
などかおり、統計的手法やOR技法を用いることが多いです。

 

物流作業管理システム

物流に関する作業レベルの業務システムです。受発注、入荷・出荷、
荷役、配車運行管理などの作業システムかおる。日々大量の情報が発生するので、
それらを迅速・正確かつ効率的に処理するシステムが要求されます。

 

物流作業管理システムには、物流作業プロセスに従って、多くの情報処理システムが
作られています。

 

その全体を物流情報システムと呼ぶこともあります。

 

スポンサードリンク