ユーザー系SEの仕事内容

ユーザー系SEの仕事内容

ユーザー系SEとは、銀行や証券会社など
システムのユーザ企業の情報部門を分社化して
設立された企業ではたらくエンジニアのことを言います。

 

ユーザー系SEはどのような仕事をしているのでしょうか。

 

また、ユーザー系SEの仕事内容はまったりしていいると言われますが、
実際のところはどうなのでしょうか。

 

本ページでは、ユーザー系SEの仕事内容について
見ていきましょう

 

 

 

ユーザー系SEといっても、仕事内容は会社によって次の2つ
に分かれます。

 

1つ目は、他の企業のシステムを作るような外販案件はなく、
100パーセント内販案件の会社です。

 

100パーセント内販案件の会社は、自社の業務システムや社内システムの
開発・保守を行います。

 

100パーセント内販案件のユーザー系企業は、
技術的なことに詳しくないことが多いです。

 

そのため、仕事のやり方として、システムの要件定義を行ったあと、
システムインテグレータに設計・実装を発注し、
システムインテグレーターの進捗を管理していることが多いです。

 

会社によっては、要件定義からシステムインテグレーターに
丸投げしている会社もあります。

 

この場合、システム開発に関する技術は全く付きません。

 

システムインテグレーターの進捗を管理することだけが
仕事となります。

 

スポンサードリンク

 

しかし、100パーセント内販案件かつシステムインテグレーター
丸投げのユーザー系企業だからと言って、
まったりしているわけではありません。

 

システムインテグレーターは契約したことだけしか責任を持ちませんが、
ユーザー系のSEはシステムの全責任を負わなければならなりません。

 

また、ユーザからの問い合わせを直接受けとるので、
責任感はどのエンジニアよりも感じれるではないでしょうか。

 

また、近年はシステムの内製化(システムインテグレータに発注せず、
自分たちでシステムを作ること)を目指している企業も多く、

 

今後はユーザー系のシステム部門は技術的なことも
理解していかなければならないと考えられます。

 

00パーセント内販ユーザー系のSEは、内販だから楽という印象を持たれていることが多いが、
実際はそんなことはありません。

 

2つ目は、他の企業のシステムを作るような外販案件を行う
ユーザー系企業です。

 

この場合、案件を提案し、受注するところから始まりますので、
基本的には、システムインテグレーターと同じです。

 

他社のシステムを作るユーザー系SEは、
自社の業務はもちろんのこと、他社の業務についても
知らなくてはなりません。

 

ユーザー系SEと言っても、外販があるかないかで、
仕事内容が全くことなりますので会社選らびには注意しましょう!

 

 

スポンサードリンク