独立系SEの仕事内容

独立系SEの仕事内容

独立系のSEとは、親会社をもたず完全に独自で設立し、
ソフトウェア系の経営している会社で働くSEのことを言います。

 

親会社にシステムのユーザーやメーカーを持たない会社で働くSEは
みんな独立系のSEと言われるため、

 

世の中のSEのほとんどは独立系のSEとなります。

 

ここで、独立系SEのメリット・デメリットをみていきましょう。

 

 

独立系SEのメリット

システムを構築する際にはハードウェアやソフトウェアを
選ばなければなりません。

 

メーカー系のSEであれば、まずは自社の製品ありきで提案することになりますが、
独立系のSEであれば、好きなメーカーの製品を選定することがきます。

 

また、色んなメーカーの製品を組み合わせて
システムを構築することができます。

 

顧客ごとに最適なシステムを提案するにあたり、
製品のメーカーを自由に選定できるというのは
独立系SEならではのメリットでしょう。

 

また、独立系の会社の経営方針は親会社の縛りがないため、
受注できればどんな案件でも携われることができます。

 

独立系でない会社では100%内販ということもありますので、
提案や案件の受注などに携わりたいのであれば、
独立系のSEになることをおすすめします。

 

スポンサードリンク

 

独立系SEのデメリット

独立系のSEのデメリットは、
利益がシステム開発でしかあげられないことです。

 

メーカー系であればハードウェアの売上も利益となりますが、
独立系のSEであれば顧客にハードウェアやミドルウェアを
買ってもらっても利益にはなりません。

 

そのため、システム開発で失敗すると大赤字となってしまいます。

 

独立系SEの原価は、ほとんどが人件費となります。
システム開発で利益を上げるためには、
人件費を下げることになります。

 

そこで、会社によってはたくさん残業しても、一定の残業代しかもらえない
裁量労働となっている場合もあります。

 

また、独立系のSEは会社に実績がなかったり、
知名度がないと中々案件が受注できないです。

 

クライアント企業もIT投資には失敗したくないので、
実績のある会社とのコンペになると負けてしまうこともよくあります。

 

ユーザーから直接案件が受注できないから、
既に案件を受注したSIerから、2次受け、3次受け・・・として
案件を受注する企業もあります。

 

そうなった場合は、システム開発の現場では、
自社の名前を語ることはできません。

 

上流工程やマネージメント業務に関わる機会も減っていきます。

 

独立系会社のホームページには、
主要取引先が記載されています。

 

主要取引先がSIerになっていた場合は、
2次受け、3次受けとなることが多いので注意しましょう

 

 

スポンサードリンク