社内SEの仕事内容

社内SEの仕事内容

社内SEとは、自社のシステムの開発・運用・ユーザの
ヘルプデスクを担当するSEのことを言います。

 

社内SEは、自社の社員として、
自社のシステム関係の仕事をします。

 

SIerやベンダーは、システム屋として、
他社のシステムの構築・開発をします。

 

そのため、SEと言っても社内SEとSIeに働くSEとは
仕事内容は全く異なっています。

 

ここでは、社内SEの仕事内容について
解説していきます。

 

 

社内SEは自社のユーザーの問い合わせ対応または、
発注したSIerの管理をおこないます。

 

SIerの場合、顧客のシステム担当者とやり取りを行うため、
ユーザと接する機会はあまりまりません。

 

しかし、社内SEの場合、ユーザの声が直接届きます。
「PCが動かないんですけど!」とか電話がすぐに来ます。

 

また、SIerと違い、システムに責任を持たなければなりません。
SIerの場合、契約にもよりますが、システムの導入後、
あとは面倒を見ないという場合もありますが、

 

社内SEの場合、最後まで責任を持たなければなりません。

 

たとえば、銀行のシステムトラブルが起きた際、
謝罪するのはシステムを作った企業ではなく、銀行員ですよね。

 

また、社内SEはシステム開発をしないということもありません。

 

近年、システム開発、構築の内製化が進んでおります。
要するに自前でシステムを作るのです。

 

以前は、会社のシステムは設計~リリースをSIerに委託し、
リリース後もSIerに保守させるのが一般的でしたが、

 

今後は社内SEがシステムを作っていくのです。

 

スポンサードリンク

 

社内SEは、発注したSIerの管理も行わなければなりません。

 

SIerにシステムを発注して、SIerが何も問題なく
システムを作りきってくれることはありません。

 

適宜、SIerの業務の進捗や問題を
管理する必要があります。

 

SIerに要件や業務フローがわからないと言われたら、
理解してもらえるように説明しなければなりません。

 

ここで、説明に不備があると、
システムが出来上がった時に業務フローが違う
などの問題が発生します。

 

いざ、システムができ上がったら、
ちゃんとシステムが仕様通りに、不良なく動くことを
確認しなければなりません。

 

ここで、問題を検知できないと、
システムの修正は、追加費用となってしまいます。

 

社内SEは、とても楽な印章やイメージを
持たれることが多いと思いますが、
実際はそんなことはありません。

 

社内SEは、社内SEならではのストレスをためること
があります。

 

楽そうだから社内SEになろうとはしない方がいいです。

 

スポンサードリンク