外資系SEの仕事内容

外資系SEの仕事内容

外資系のSEとは外国資本によって運営されている企業で
働くエンジニアのことを言います。

 

外資系企業のSEといっても本社で働くのではなく、
日本法人で働いている場合が多いです。

 

外資系ときくと、実力主義や高給なイメージがわくかと思いますが、
実際のところどうなのでしょうか。

 

ここでは、外資系の企業で働くSEについて
解説していきます

 

 

日本法人であれば見た目は日本企業と変わらない

外資系の企業と言えど、働いているSEのほとんどは日本人であるため、
見た目は日本企業とかわりません。

 

日本の顧客を相手に仕事をしているので、現場で働くSEであれば、
英語はほとんど使いません。

 

外資系企業の日本法人であれば、
プロジェクトメンバーはほとんど日本人です。

 

よく、外資系企業の会話は英語で行われるとの
イメージをもたれる方がいらっしゃいますが、
そんなことはありません。

 

日本法人内で収まるのであれば、
会話も会議も日本語で行います。

 

そのため、外資系企業の社員であっても
英語の出来ない人もたくさんいます

 

したがって、外資系企業で働いている人たち、
外資系企業で働いている実感はほとんどありません。

 

会社の文化としては、海外らしいところもありますが、
働いている人たちが日本人であるため、
はたからみていると、日系企業と変わらないです。

 

もちろん、海外で働く外資系企業のSEであれば、
日系企業とは勝手が全然違うのですが、
ここでは説明を省きます

 

外資系でもSEは言うほど実力主義ではない

よく、外資系企業は成果を出せなければ、クビと聞きますが、
SEの場合はそんなことはありません。

 

SEはチームで働く仕事であるため、一人の実力が高いからと言って、
その人だけが評価されることはありません。

 

投資銀行で働くトレーダーや経営コンサルタントにでもなれば、
少人数で働くため実力のありなしを見極められますが、
SEの場合、評価者が各個人の実力を判断することはできません。

 

ただし、SEは顧客と直接やりとりを行うので、
人によっては顧客からクレームがきます。

 

たくさんクレームが来るような人であれば、
プロジェクトにアサインされなくなり、
やめていく人はいます。

 

スポンサードリンク

 

日本から撤退したときに全員解雇になる

本社が日本では稼げないから撤退する方針になった場合、
日本法人はばっさり切られます。

 

日本のIT市場は縮小気味であるため、
今後、日本から撤退する企業も出てくることでしょう!

 

これが、外資系SEとして働くときに恐れることではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク