派遣SEとして働く

派遣SEとして働く

SEの現場には派遣契約で働くエンジニアがたくさんいます。
派遣社員とは、派遣先の管理者に指示をされて働く社員であり、
派遣先と雇用の関係にあります。

 

本ページでは、派遣SEの特徴および、
派遣SEとなるための心得について解説します。

 

 

SEの派遣は特定派遣として務めることが多いです。
特定派遣とは、派遣先で働いていなくても
給料をもらえる派遣のことをいいます。

 

そのため、派遣SEは仕事がなくても(派遣切りにあっても)
派遣会社から給料をもらえるので、
システムエンジニアの派遣はおいしいと思います。
(派遣先がない期間が続くとクビになってしまいますが。。)

 

 

派遣のSEになるためには、まず最初に派遣会社に登録します。
就職サイトなどを探せば、派遣会社は比較的簡単に探せます。

 

派遣会社に登録するだけでは、派遣SEになれるわけではりません。

 

派遣会社へ登録後、派遣会社の営業担当の方が各派遣先の責任者に営業へ行きます。
派遣先の責任者がほしいと言えば、派遣のSEとして採用されます。

 

このとき、派遣先の責任者と面接がある場合もあります。
今の場合、面接は必須でしょう。

 

面接の前に自分のITスキルを示すスキルシートを記入し、
スキルシートに沿った面接を行います。

 

面接では、過去に経験したプロジェクトやそのプロジェクトでの役割について聞かれます。

 

スポンサードリンク

 

正社員で働くよりは派遣社員の方が採用されやすいことに間違いはないですが、
派遣社員の場合、ほとんど研修はなくいきなり現場に行くので、即戦力が求められます。

 

そのため、アサインするプロジェクトが決まったら未経験だとしても資格取得などして、
ある程度知識や技術を磨いておかなければならないでしょう。

 

正社員のように、面倒を見てくれる人はいない可能性もあります。

 

顧客さきでは、SEが正社員または派遣社員であることなんて関係ありません。
派遣社員であっても、正社員と同じようにふるまう必要があります。

 

そのため、正社員であっても派遣社員であっても同じような
システム設計スキルを身につけることができます。

 

プロジェクトはフェーズによって忙しさが異なります。
そのため、製造・単体テストなどの忙しい時に人数を増やし、
忙しさが落ち着いてくると人数を減らしていきます。

 

このとき真っ先に減らされるのが派遣のSEとなります。

 

したがって、担当しているプロジェクトから外されても
次のプロジェクトの現場に行けるように日々自己啓発をする必要があるでしょう。

 

 

 

スポンサードリンク