準委任契約で働く

準委任契約で働く

SEの契約形態として、準委任契約というものがあるのはご存知でしょうか。
最近の契約として、準委任契約が多く使われます。

 

準委任契約は、派遣契約や請負契約とはまた異なった契約形態です。
このページでは、準委任契約について見ていきましょう。

 

 

準委任契約とはどのような契約か

準委任契約とは、(法律行為以外の)仕事を委任する契約のことをいいます。
(弁護士のような法律行為の仕事は委任契約となります。)

 

作業契約とも言われます。

 

例えば、会社Aにプロジェクトがあり、テストフェーズに入ったとしましょう。

 

テストでは、システムの端末からすべての画面が問題なく表示されることを確認します。

 

このとき、この画面の確認作業をパートナー会社に依頼するときにかわされる契約が
準委任契約となります。

 

請負契約と違い成果物はありません。
そのため、検収もありません。

 

準委任契約では、作業実績表を提示することが多いです。
作業時間を提供するので、システム構築は失敗しても
責任を問われることはありません。

 

また、準委任契約は請負契約と同じで委任先の
担当者に直接指示を出すことはできません。

 

指示を出した場合、法律違反となります。

 

スポンサードリンク

 

請負契約と準委任契約の違い

請負契約と準委任契約は成果物があるかないかの違いにあります。

 

最後後に成果物を納めるのが請負契約、
成果物を納めず作業だけをこなすのが準委任契約となります。

 

最後にドキュメントを残す基本設計や詳細設計、プログラムを残す実装フェーズでは
請負契約が交わされることが多いです。

 

作業だけをこなすテスト工程や運用・保守工程では委任契約がよく交わされます。

 

準委任契約は、作業時間を提供するので、
赤字になることは少ないです。

 

ただし、請負と違い、1つの作業を早くこなしてたくさん作業をこなしたところで、
黒字が増えることはありません。

 

準委任契約は、安定的に稼ぐための契約でしょう。

 

準委任契約は、システムの完成責任もないので、
失敗するリスクがほとんどありません。

 

そのため、最近の企業では、準委任契約でプロジェクトを
契約するIT企業が増えています。

 

また、ユーザ側も一括でITベンダに請負で発注するのはリスクと考え、
準委任契約が好まれることが多いです。

 

ユーザ側のシステム部担当者が主導の下、
ユーザ側が苦手な作業をITベンダに準委任契約で発注するという
ことが最近のスタンダードになっています。

 

準委任契約では、期間ごとに契約していくケースが多いです。

 

請負はユーザおよびベンダにとってリスクが高いと考えられています。

 

 

スポンサードリンク