請負契約で働く

請負契約で働く

SEの仕事をビジネスパートナーに依頼するとき、
派遣契約とは異なる契約として請負契約があります。

 

労働力の提供を受ける派遣契約とは違い、
請負系契約では成果物の提供を受けます。

 

このページでは請負契約の特徴と派遣契約との違いを見ていきましょう。

 

 

請負契約とはどのような契約か

請負契約とは、ある成果物をいつまでにいくらで作るかを決める契約です。

 

その成果物を完成されるまでにかかる費用がいくらかかるとしても、
基本的に契約したときの値段で取引されます。

 

例えば、A社でシステムを構築するプロジェクトがあったとしましょう。

 

プロジェクトの作業は、APサーバ、DBサーバの構築、ネットワークの構築です。

 

このとき、バートナーのB社に対して、
「ネットワークの構築を2カ月以内に200万円で作ってください。」と契約するのが、請負契約です。

 

請負契約であれば、成果物を納品します。
契約によっては、設計書や運用マニュアルなどのドキュメントも納品します。

 

B社はこのネットワーク構築の人件費がいくらかかったとしても
A社もB社も文句を言うことはできません。

 

ネットワークの構築をB社は100万円で作ることができれば、
B社は100万円の利益を得ることができ、

 

逆にネットワークの構築に300万円かかるようであれば、
B社は100万円の損失となります。

 

また、A社は成果物の納品時に検収作業を行います。
検収で問題なければ、納品(請負)の完了

 

請負契約の場合は、発注側はB社の働き方や
進捗について口出すことはできません。

 

週ごとの進捗などを把握したければ、
進捗確認をするための作業契約をしなければなりません。

 

基本的に請負契約は、1度発注したら、
発注側にまかせっきりの契約となります。

 

スポンサードリンク

 

派遣契約と請負契約の違い

派遣契約と請負契約の違いは、発注側に指揮権があるかないかにあります。

 

派遣契約の場合、派遣先と派遣会社は労働契約を結ぶので、
派遣社員は派遣社員の指示に従う必要があります。

 

請負契約の場合は派遣先の労働者に作業指示を出すことはできません。
具体的な作業を出すと契約違反になってしまいます。

 

請負先には完成物の明確な定義を示すことはできますが、
完成物を作るための指示を行うと、法律違反として訴えられて
しまうケースがあります。

 

毎年、請負契約が絡んだ裁判があります。

 

請負契約の締結は、システム開発や構築の
実績が充分にある場合や、作るものが明確になっている場合以外では
やめといた方がいいでしょう!

 

スポンサードリンク