単体テストの進め方

単体テストの進め方

テスト工程の一番最初に行われる
単体テストについて説明します。

 

 

目次

  • 単体テストの目的
  • ホワイトボックステスト
  • 境界値、限界値テスト

 

単体テストの目的

単体テストはシステムを構成する各モジュールが仕様書通りに
動作するかどうか確認するテストである。

 

コーディング不良などの単純なミスをなくすのが目的であり、次のようなテストを行う。

 

ホワイトボックステスト

プログラムの設計書として、フローチャートを描くことが多い。
このとき、フローチャートをすべて通るようにテストケースを組み、
すべての処理が正しく動作することを確認するテストである。

 

スポンサードリンク

 

境界値、限界値テスト

プログラムを作る際、条件の境界値でバグが埋め込まれることが多い。

 

例えば、テストの点数が100点~90点が「S」、89点~80点が「A」、79点~70点が「B」、
69点から60点が「C」、59点~0点が「D」を出力するプログラムがあったとしよう。

 

テストケースとして「100, 95, 90, 89, 86, 80, 79, 74, 70, 69, 65, 60, 59, 45, 0」を採用する。
このとき、「100,0」が限界値、「 90, 89, 80, 79, 70, 69, 60, 59」が境界値となる

 

SE,単体テスト

 

まとめ
  • 単体テストはシステムを構成する各モジュールが仕様書通りに動作するかどうか確認するテストである。
  • 単体テストとして、ホワイトボックステストや境界値、限界値テストがある

 

スポンサードリンク