総合テストの進め方

総合テストの進め方

単体テストの次の工程でおこなわれる
結合テストについて説明します。

 

 

結合テストの目的

結合テストは各プログラム間のインタフェースに問題がないことを目的とするテストです。

 

システムは複数のモジュールから構成され、
各モジュールは入力に対して処理を行い出力を行います。

 

また、別のモジュールはこの出力を入力として別の出力を行います。

 

結合テストでは、
このモジュール間の出力と入力の結合(インタフェース)を確認していきます。

 

スポンサードリンク

 

結合テスト例

外部システムから自システムの外接サーバ上に配置される、
圧縮されたCSVファイルをデータベースに取り込む機能を考えます。

 

このとき、モジュールとして以下の機能単位で作成したとしましょう。

 

①外部システムからファイル送信されたことを検知する機能
②外接サーバ上からDBサーバへファイル転送する機能
③DBサーバ上でファイルを解答する機能
④CSVファイルをデータベースに取り込む機能

 

このとき、①から④の一連の流れを確認するのが結合テストです。
テストケースとして、①から④までが正常に流れること、
①の処理で異常終了したら②以降実施されないことなどを確認していきます。

 

 

SE,結合テスト

 

まとめ
  • 結合テストは各プログラム間のインタフェースに問題がないことを目的とするテストとなります。

 

スポンサードリンク