分散系システムとは?

分散系システムとは?

分散系システムとは、複数のコンピュータやサーバを組み合わせて
作られているシステムのことをいいます。

 

オープン系システムとも言われます。

 

 

例えばWeb系のシステムでは、以下のようにサーバを組み合わせて1つのシステムを構成してることが一般的です。
※Web系のシステムとは、IEなどのブラウザで動作するシステムのことを言います。

 

Webサーバ

クライアントからのリクエストを受け、レスポンスを返すサーバとなります。HTMLの形でやり取りがされます。

 

APサーバ

システムの処理を実行させるサーバとなります。

 

スポンサードリンク

 

DBサーバ

システムを動作させるに必要なデータを蓄えておく大事なサーバとなります。

 

SE,分散系

 

スポンサードリンク

 

 

 

分散系SEに必要な技術

分散系システムは、Webサーバ、APサーバ、DBサーバ等複数のサーバで構成されるので、各サーバで使われているミドルウェアの技術、またすべてのサーバで必要なOSの技術や各システムをつなぐネットワークの技術が求められます。すべての技術を知っているSEはほとんど少なく、SEごとに得意分野や苦手な分野があります。各サーバごとに以下のような技術がもとめられます。

 

Webサーバ

HTMLの技術が必要です。静的ページであれば、すべてここに配置され。

 

APサーバ

Webシステムの場合、J2EEを提供している製品(WebLogic,Cosminexus)などの技術が求められます。

 

DBサーバ

OracleやMySQLなどRDMSの技術が求められます。また、一番障害が多いサーバですので、障害対応の技術も求められます。

 

まとめ
  • 分散系システムとは、複数のサーバで構成されているシステムのことである。
  • 分散系システムに求められる能力は様々であるが、得意の技術を作っておくべきである。