フリーランスのSEを目指す

フリーランスのSEを目指す

フリーランスのSEとは、
特定のシステムインテグレーターやソフトウェア会社に属じていないエンジニアのことをいいます。

 

要するに個人事業主または、個人企業法人のSEのことである。

 

 

フリーランスのSEの特徴

個人事業主のSEと言えば、イメージしやすいでしょうか。
自分の技術を自分で売りにいくのが特徴です。

 

普通SEを一人派遣すると100万円近くお金を支払います。
普通の企業であれば、100万円のうち、労働者に渡るお金(給料)は25万円くらいです。

 

しかし、フリーランスのSEであれば、全額いただくことができます。
また、フリーランスのSEは個人事業主なので、
お昼御飯などのお金は経費として落とすことができるため、払う税金を少なくすることができます。

 

そのため、フリーランスになるSEが最近増え始めています。

 

スポンサードリンク

 

フリーランスのSEの案件

フリーランスのSEは個人で案件を探します。SEの案件は一人で行うものではないので、
システム会社がフリーランスのSEを募集したときに、応募するような形で仕事を探していきます。
最近では、フリーランスのSEの求人サイトもあります。

 

 

フリーランスのSEのデメリット

フリーランスのSEのデメリットは仕事がないと収入が0になってしまうことではないでしょうか。
企業に勤めていれば、最低限の給料は保証してくれます。

 

しかし、案件が終わり次の案件がないと誰もお金をくれません。
この収入が安定しないことはフリーランスのSEの最大のデメリットではないでしょうか。

 

SE,フリーランス

 

まとめ
  • フリーランスのSEとは、個人事業主として働くSEのことである。
  • フリーランスのSEは仕事があるうちは、たくさんのお金をもらえるが、仕事がないともらえるお金は0である。

 

スポンサードリンク