SEから公務員を目指す

SEから公務員を目指す

SEという職業についている方のほとんどは、民間企業で働くサラリーマンとなります。
このページでは、SEから公務員になるための情報を提供します。

 

 

SEから公務員になれるのか?

SEから公務員になることはできます。
自治体ではには民間企業を経験した人を採用する枠があるので、
SEに関係なく公務員を目指すことができます。

 

また、自治体によっては、システムの専門社を対象とした採用枠もあるので、
SEとして経験したことを公務員になっても活かすことができます。

 

しかし、公務員への中途採用は年齢制限を行っている自治体が多く、
公務員への転職を目指されるのであれば、20代のうちの挑戦することをおすすめします。

 

公務員になった場合、システムの開発をすることはまずありません。

 

たいていの場合、自治体の内部システム運用・保守となり、システム開発はすべて外注となります。

 

また、システム部門として採用されても、異動によりシステム関係以外の仕事をする
可能性もあります。

 

SEとして働くのが嫌でなければ、公務員を目指してもよいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

公務員倍率について

公務員になるための倍率ですが、自治体によって変わってきます。

 

公務員は今の不景気の世の中では人気の職業ですので20倍以上あるのではないでしょうか。

 

1~2名の若干名採用が多く、SEから公務員へなる道は狭き門となっています。

 

SE,公務員

 

まとめ
  • SEから公務員になることはできる。
  • ただし、SEから公務員になる道は狭き門となっている。

 

スポンサードリンク