第二新卒でSEを目指す

第二新卒でSEを目指す

SEはよく第二新卒を募集しています。求人サイトでも
第二新卒歓迎という文言をみたことがあると思います。

 

このページでは、第二新卒のSEを採用しようとしている企業が
応募者に対して何を求めているか解説します。

 

 

目次

  • 第二新卒とは?
  • 第二新卒とは、社会人としての経験値が浅い人たちのことを言います。

     

    社会人何年目までを第二新卒と言うかは会社によって異なりますが、
    3~4年目までの社会人を対象としている会社が多いです。

     

    第二新卒の特徴として、技術はまだまだ未熟だが、
    ビジネスマナーは一通り身につけている方が多いことが挙げられます。

     

    そのため、採用する会社にとっては技術だけを教えればよいので、
    教育費があまりかかりません。

     

  • 第二新卒では何を求められるか?
  • 第二新卒で求められることは新卒とほとんど同じで、
    ポテンシャルややる気が求められます。

     

    特に入社して数年で転職活動をしているので、
    やる気を見せることが大事です。

     

    そうしないと、採用担当者はウチもすぐに辞めてしまうのではないかと不安に感じてしまいます。

     

    もちろん、元SEが第二新卒としてSEを目指すのも全然ありです。

     

    このとき、職種のチェンジ(下流工程から上流工程)などであれば、
    転職を目指していることにネガティブな印章は受けないと思われます。

     

    元SEだとしても、未経験者同様にやる気を見せることが一番大事です。

     

    スポンサードリンク

     

  • プロパー社員との待遇に違いはあるか?
  • これは会社によって異なると思います。

     

    プロパーを優先して昇進のスピードや給料などの待遇をよくする企業もありますが、
    完全に実力主義の会社もあります。

     

    これは、会社を調べてみないと分かりません。

     

    しかし、最近は年功序列も廃れていき、中途採用も多く行っている会社も多いので、
    実力があれば、プロパーを超えることは難しくないと思います。

     

    SE,第二新卒

     

    まとめ
    • 第二新卒とは、社会人3~4年目までの経験値が浅い人たちのことを言います。
    • 第二新卒ではやる気が求められます。元SEであってもやる気が重要視されます。
    • 実力があれば、プロパーを超える待遇となります。

     

    スポンサードリンク