SEが取得する資格

SEが取得する資格

SEになったからには資格を目指したい
と思っている人もいると思います。

 

または、会社から資格を取れと言われ
ている人もいると思います。(笑)

 

SE向けの資格というのは、
たくさんあります。

 

ここでは、SEが取るべき資格について
見ていきましょう

 

 

 

王道の資格

SEが持つべき資格の王道としては以下の感じでしょうか。

 

  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • 高度情報処理技術者試験(任意の1つ以上)
  • 自分の専門のベンダー試験

 

SIerのSEであれば、みんな同じように試験を受けていくので、
上記資格をどこまで持っているかで、
資格取得をどこまで頑張っているかがすぐに判断できます。

 

会社によっては、担当から主任への昇格条件として、
応用情報技術者試験の取得

 

主任から課長への昇格条件として、
高度情報処理技術者試験の取得課されている
ところもあります。

 

ウチの会社はそうです。。

 

資格を取得してみたいけど、何を取得すべきか
悩んでいる人は、上記の資格取得を
目指してもいいのではないでしょうか。

 

また、情報処理試験とは別に
ベンダー試験というものがあります。

 

実際の製品に特化した試験です。

 

スポンサードリンク

 

例を挙げると、
DBMSのオラクルマスター
ネットワークのCCNA
などです。

 

特にオラクルのデータベースは、
実際にシステム構築に使われることが多いので、
持っていると、即戦力になれます。

 

ただし、ベンダー試験は受験料が
高いので、しっかりと勉強した方がいいですね。。

 

 

資格は仕事で役に立つか

「資格を取得しても仕事では役に立たない」

 

よく言われますが、実際にどうなのでしょうか。

 

僕は、すべての資格は、仕事で役に立つと思っています。

 

例えば、情報処理試験。

 

受けたことある人は分かると思いますが、
午後試験は、少ない時間でたくさんの文章よみ、
解答をコンパクトにまとめなければなりません。

 

これができる人は、仕事を効率的にできる人でしょう。
この効率的に仕事をするというのは、
とても仕事で役に立ちます。

 

ただし、仕事に必要なすべて能力が
資格試験に含まれているわけではないということには、
注意しておきましょう。

 

「ネットワークスペシャリスト」を持っているからと言って、
ネットワークの構築・障害対応などをその人すべてに
任せられるかというとそうではありません。

 

最低限の知識は理解しているから、
スキルのアンマッチは起こらないだろうと判断できるくらいです。

 

スポンサードリンク