フレックスタイムのSE

フレックスタイムのSE

自分の好きな時間に出社し、
自分の好きな時間に帰れるフレックスタイム。

 

そんなフレックス出勤に憧れている人も
多いのではないでしょうか。

 

実際、フレックスタイムを導入している企業は
たくさんあります。

 

SEの会社にもフレックスタイムの制度はあるのでしょうか。

 

ここでは、SEの会社のフレックスタイムについて
解説します

 

 

フレックスタイムを導入するSEの会社は多い

フレックスタイムを導入しているSEの会社は多いです。
僕が務める会社もフレックスタイムを導入しています。

 

親会社が厳しい金融系ユーザー系のSE会社以外は
ほとんどフレックスタイムを導入していると思います。

 

僕が務めている会社は8:50始業なのですが、
9:00に来ている人はほとんどいません。

 

9:30~10:00に出社する人が多いです。

 

新人の間はフレックスタイムがないのですが、
新人だけ定時に来て何も出来ずに困っています。。。

 

よその会社のフレックスタイム制度も同じような
感じではないでしょうか。

 

ちゃんとやることさえやっていれば、誰も文句は言いません。
IT業界にはそんな文化がありますね。

 

また、夜遅くまで働きすぎるため、
単に朝これないだけの人もいます。

 

スポンサードリンク

 

フェーズでも異なる

フレックスを導入している会社であっても、
フェーズによって、フレックスタイムを導入しているかどうか異なります。

 

開発フェーズは、自由にフレックス出勤する人が多いです。

 

開発では自分の作業が割り当てられるので、
期限さえ守っていれば自分の好きな時間に好きなように働けます。

 

開発フェーズであれば、各担当の人が遅く来たところで、
誰も迷惑がかからなりません。

 

ただし、保守フェーズにあると、システムの稼働時間の
定時時間内は必ず職場にいなければなりません。

 

保守契約は、何時から何時まで○○で対応するなどの
契約をします。

 

そのため、保守フェーズの場合、会社としてフレックスタイムの制度があったとしても、
顧客との契約のため、フレックスタイムが利用できないのです。

 

保守フェーズで、ゆっくり来ると顧客から怒られます。

 

システム障害はいつ起こるかわからないですからね。

 

フレックスタイムに反対の人や賛成の人がいるかと思いますが、
SEの働き方はフレックスタイムの場合が多く、
比較的自由であると考えてよいです。

 

ただし、僕が優秀だと思う人は、朝早く来て、早く返る傾向にあります。
フレックスをとる人すべてが、仕事できないわけではないですが、
ゆっくり来て、ゆっくり買えるような人は、効率の悪い働き方をしているように見えます。

 

スポンサードリンク