プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容

SEの仕事はプログラムを作成することだと
思っている人が多いですが、それは違います。

 

プログラムを作成するのは
プログラマーの仕事です。

 

SEの職種の1つにプログラマーがあるのです。
プログラマーとはどのような仕事内容なのでしょうか。

 

ここでは、プログラマーの仕事内容について解説します。

 

 

プログラマーはプログラミングを行う人

プログラマーとは、読んで字の如く
プログラミングをするのがメインの仕事内容です。

 

プログラミングのスペシャリストとなります。

 

プログラミング言語(C、C#、C++、Java、Apex)などを
用いて、設計書にきさいされたアプリケーションを実際に
作成していきます。

 

プログラミングで一番使われる言語はJavaです。

 

オープン系システムの場合、
ほとんどJavaでシステムが開発されます。

 

そのため、Javaを知っているプログラマーは
開発現場での需要はとても高いです。

 

製造フェーズに入ったところで、多くのプログラマーが
プロジェクトへ参画します。

 

そして、単体テストが終わる頃に撤退していきます。

 

本当にモノづくり(プログラミング)だけを行います。

 

SEと違い、顧客と会話や打ち合わせをすることは少ないです。
プログラミングに没頭することができます。

 

プログラマーは、製造のフェーズで活躍する人が多いのですが、
中には、要件定義、設計フェーズで活躍する人もいます。

 

要件定義や設計はSEが行うのですが、
SEだけだと設計に不安が残ることがあります。

 

実際に作ろうとしているシステムを作れるかどうかの
最終的な判断ができるのは、現役のプログラマーだけです。

 

SEは、色々なシステム方式を提案しますが、
プログラマーにできるかどうかの確認をとります。

 

そのため、プログラマーは技術力が一番ある
職種であるでしょう。

 

プログラマーの仕事は社内にいなくてもできます。
そのため、自宅でプログラミングをしている人もいます。

 

スポンサードリンク

 

 

SIerに入ると、プログラミングは担当できない。

SIerに入ると、SEの仕事はプログラミング以外にいっぱいあります。

 

また、プログラミングの仕事はすぐに身に付けられるものでは
ありません。

 

そのため、プログラミング自体の仕事は、他社へ外注している
会社が多いです。

 

プログラミングを仕事として行いたいのであれが、
SIerではなく、ソフトウェア会社に入った方がいいでしょう。

 

プログラミングをやりたくてSIerへ就職したけど、
プログラミングをする機会が全然ないと嘆いている人もいっぱいいます。

 

スポンサードリンク