SEに圧迫面接はあるか

SEに圧迫面接はあるか

SEとして就職活動にするにあたり、
圧迫面接はあるかどうか気になっている人もいるかと思います。

 

結論から言いますと、SEの採用試験には
圧迫面接は存在します。

 

男女関係なく圧迫面接はあります。
ここでは、SEの圧迫面接の実態について解説します。

 

 

SEの圧迫面接の目的

SEの圧迫面接の目的は、
志望者の人間性を測るために存在します。

 

人は圧迫面接に出くわすと、

 

  1. 全然しゃべれなくなる人
  2. なだめようとする人
  3. はむかう人

 

の3パターンに分かれます。

 

このとき、「全然しゃべれなくなる人」を落としていきます。

 

SEの現場は、客に圧迫されることが多くあります。
障害などが発生した時の緊張感などは、
圧迫面接のときと比較にはなりません。

 

このとき、全然しゃべらなくなる人は、全然前に進むことが
できません。

 

危機が起こった時に、他人任せになる人と
判断されます。

 

スポンサードリンク

 

圧迫面接時にはむかう人を落とすことをしないのかと思われる人も
いますが、むしろ歓迎します。

 

このような人は負けず嫌いでプライドの高い人が多く、
伸びていく傾向が多いです。

 

特に、受注系のSEになると、顧客になめられるような人も
多いので、強い態度を取れる人は貴重な存在です。

 

ただし、強気であっても言っていることが
支離滅裂だと落とされます。

 

客先で支離滅裂のことを言うと、
客からの信頼が一気に下がりますからね。

 

SEの採用面接が圧迫面接になったとしても、
しっかり自分の意見を述べていきましょう!

 

圧迫面接を乗り切ると採用ももうすぐです!

 

スポンサードリンク