SEになって後悔する人について

SEになって後悔する人について

SEになったことに対して後悔している人は
少なからずいます。

 

また、SEになったことを後悔して、
別の業界へ転職している人もいます。

 

なぜSEになったことを後悔する人がいるのでしょうか。

 

ここでは、SEになって後悔する人について解説していきます。

 

 

SEになって後悔すること

みんな後悔するのが、「SEは華のある仕事ではなかった」
ということです。

 

言い換えると、「SEは泥臭くて地味な仕事だった」
ということです。

 

ITって聞くと、カッコイイイメージがありますよね。
技術を付ければ、自分も起業できるのではないかと
感じてIT業界へ入ってくる人もいます。

 

しかし、

 

  • ユーザに対して常に気を配っている。
  • ドキュメントの細かいミスを修正している。
  • 障害ログを常に解析している
  • 開発したものがバグばかりで、常に炎上している
  • 単純作業で技術が身に付かない
  • 常に打ち合わせばかりしている

 

このようなことばかりが続く日が続き、
SEになったことを後悔する人が多いです。

 

僕が思うには、他の業界言っても、
仕事内容は地味で辛いものだと思いますけどね。

 

スポンサードリンク

 

SEになって後悔する人の特徴

僕が考えるSEになって後悔する人は、
以下の特徴をもった人です。

 

  • 就職活動時に業界研究をしなかった人
  • 理想と現実のギャップが多い人
  • 努力が嫌いな人

 

「SEは、難しくみえるけど誰でもできます。」
と説明会で言う会社が多いですが、

 

努力をすれば、誰でもできる仕事です。

 

ここを取り違えた人は、
SEになったことに対してすごく後悔していますね。

 

スポンサードリンク