LPICを取得しよう

LPICを取得しよう

オープン系システムのサーバを構築する案件において、
サーバOSとしてLinuxが採用されるケースが多くあります。

 

そのため、Linuxを扱える技術者は、
サーバ構築の即戦力として期待されます。

 

また、Linuxの技術を証明できる資格としてLPICがあります。
ここでは、LPICの資格制度について説明します。

 

 

LPICはレベル1~レベル3まである。

LPICの試験は、レベルごとに1~3まで分かれています。
レベル1が初級者、レベル2が中級者、レベル3が上級者向けの試験となります。

 

コマンドに関する問題、サーバ構築に関する問題、
仮想化に関する問題など、レベルによってテーマが異なります。

 

LPICのレベル2まで持っていると、色々なサーバを構築
できるようになります。

 

また、LPICのレベル2を持っていると、
顧客からの評判が高くなります。

 

スポンサードリンク

 

LPICの勉強方法

LPICの勉強は実際にマシンを使用することが
重要です。

 

VMWAREをネットでダウンロードし、インストールします。

 

その上で、Linuxをダウンロードしてインストールします。

 

そのあと、コマンドを実際に叩いてみましょう。

 

ここまでやれば、101の試験は合格できる
技術は就くでしょう。

 

机上での勉強だけでもLPICに合格することは可能ですが、
実際に手を動かさなければ意味ないです。

 

LPICを取得するためには、
勉強するより、慣れましょう。

 

LPICの資格は、取得するだけでは
仕事で役に立ちません!

 

スポンサードリンク