SIer・ベンダーから社内SEへの転職

SIer・ベンダーから社内SEへの転職

社内SEの下で働いているSIer・ベンダーのみなさん、
社内SEがとても楽そうでいいなと思っていませんか?

 

SIer・ベンダーから社内SEへ転職することで
幸せになれると考えていませんか。

 

ここでは、SIer・ベンダーから社内SEへ転職すると
どうなるかを解説していきます。

 

 

技術者ではなくなる

SIer・ベンダーから社内SEへ転職すると、
業務内容は技術者ではなくなります。

 

現役のSIer・ベンダーで働いているみさん
には言うまでもないとおもいますが、
社内SEはシステムの構築や開発をすることは
ありません。

 

SIer・ベンダーの作業管理やユーザとの調整、
ヘルプデスクが中心となり、技術社より
ただの調整マンになってしまいます。

 

そのため、楽そうだからと言って、
SIer・ベンダーから社内SEへ転職してしまうと
技術大好きのSEには辛いかもしれません。

 

社内SEもそんな楽ではない。

特に、大規模開発になると、
マルチベンダーの体制となり、

 

ベンダーからの要望を1つ1つ対応していかなければ
なりません。

 

ベンダー同士のやり取りも調整しなければ
なりません。

 

また、社内SEはユーザーからのつまらない
問い合わせが殺到します。

 

LANケーブルが抜けているの、
システムが止まったとクレームが来ることもあります。

 

ユーザーより社内SEの方が立場が低い会社も多く、
ユーザへのストレスがたまっている社内SEもたくさんいます。

 

したがって、社内SEも楽というわけではありません。

 

スポンサードリンク

 

SIerに戻る人も多い

SIer・ベンダーから社内SEへ転職したものの、
SIer・ベンダーへ戻る人も多くいます。

 

社内SEでは技術がつかないので不安になる人
社内SEでは将来が不安になる人
社内SEの次の転職先がないと不安になる人

 

がSIer・ベンダーへ戻っていきます。

 

特に技術が好きな人は、
社内SEの業務内容にストレスを感じる人が多く

 

自由にシステム構築や開発をできる
SIer・ベンダーへ戻っていきます。

 

SIer・ベンダーから社内SEへ転職した方が
幸せになれると考える人は多くいますが、

 

SIer・ベンダーから社内SEへ転職したことを後悔する人もいますので、

 

SIer・ベンダーから社内SEへ転職しようと思ったら
一度、自己分析をしてみましょう!

 

スポンサードリンク