システム構築・開発の内製化

システム構築・開発の内製化

最近の企業では、
自社のシステムを自社で作ろうとする
システム構築・開発の内製化が流行しています。

 

SIerにシステムを作ってもらうのではなく、
自分たちでシステムを作る。

 

システム構築・開発の内製化について
解説します。

 

自社の業務をよく知っている

システム構築・開発を内製化する場合、
自社の従業員が自社のシステムを作るので、
開発者は業務内容を詳しくしっています。

 

そのため、システム屋とユーザとのやりとりである
要件定義がとてもスムーズにいきます。

 

また、業務フローの認識相違がなくなります。
SIerが他社の業務をシステムを作成するに当たり、
業務フローの認識相違が必ず発生します。

 

このような認識相違をなくすことができるということは、
手戻りにかかる工数を小さくできるということです。

 

システム構築・開発を内製化する最大の
メリットだと思います。

 

 

SIerに頼り続けるリスクがなくなる

SIerが作ったシステムであれば、
SIerが一番良く知っています。

 

そのため、SIerにシステムを作ってもらったら、
システムリリース後の保守もSIerにお願いするケースが多いです。

 

何かあったときは、SIer頼みであるのです。
これは、企業にとって大きなリスクです。

 

SIerが事業撤退などしてしまったら、
システムトラブルの対応が誰もできなくなってしまうからです。

 

そのため、システム構築・開発の内製化
をすすめていく企業が増えています。

 

スポンサードリンク

 

システム構築・開発の内製化の課題

システム構築・開発の内製化のメリットを
挙げてきましたが、課題もあります。

 

それは、IT技術者が少ないことです。

 

当たり前ですが、銀行員になりたいと入行してきた人たちに、
システムを担当させると、モチベーションが下がります。

 

ユーザ系の企業がシステム採用をしたところで、
中々技術者が集まってきません。

 

システム構築・開発の内製化で進めたけど、
やっぱりSIerに頼むことになるプロジェクトも多くあります。

 

システム構築・開発の内製化を成功させている企業もあるので、
システム構築・開発の内製化が主流になるかどうか
見守っていきたいと思います。

 

スポンサードリンク